menu
閉じる
  1. 貧血で点滴の効果やかかる時間は?妊娠中の貧血改善方法も伝授!
  2. 乳がんで抗がん剤の副作用への対策を徹底解説!
  3. インフルエンザの免疫(抗体)の期間はいつまで持続?仕組みを解説!
  4. 胃がんステージ3の症状とは?3a、3b、3cの生存率や余命を徹底解明!…
  5. アレルギー性鼻炎で子供の咳、痰が止まらない時の対処法は?
  6. 乳がん検診 エコーでのう胞が出たらヤバい状況なのか!?
  7. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  8. シェーグレン症候群 症状は皮膚や舌等に影響?関節の痛みも出るだと!
  9. 抗がん剤治療の副作用は皮膚、手足にしびれ、食事にも表れるってマジ!?
  10. 乳癌 ステージ1の再発率、転移、生存率はどの位で、治療はどうなる!?
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

腹水貯留の症状や原因とは?治療方法や改善策を詳細解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腹水貯留は、お腹に水が溜まり、身体の冷えや疲れ、倦怠感、全身のむくみや食欲減退による栄養不良等の症状が表われる病気です。この原因とは一体どのようなものなのでしょうか?今回は、腹水貯留の症状と原因について詳しく解説した上で、治療方法や改善策をお伝えします。全身の健康状態の悪化に繋がる病気ですので、早い段階で治療を開始できるようにしましょう。




スポンサーリンク



腹水貯留の症状

腹水貯留とは、肝硬変等の心臓の病気や腹膜炎、癌等が原因でお腹の中の腹腔という空間にタンパク質を含む水が溜まる病気の事を言います。初期段階では自覚症状はあまり見られませんが、1リットル以上お腹に水が溜まるとお腹が大きくなり、衣類がきつくなります。体重もそれに伴い増加します。

症状が進むと、腹部の肥満感、胃が圧迫される事による食欲不振や吐き気、肺が圧迫される事による息切れ等が表れます。更に悪化すると、血行不良や水分過多による身体の冷えや疲れ、倦怠感、足を始めとする全身のむくみ、食欲減退による栄養不良等全身に影響する症状が出てしまいますので、甘くみない事が大切ですね。

腹水貯留の原因とは?

腹水貯留の原因は先に述べたように、心臓の病気、腹膜炎、癌等が原因で身体の代謝機能が異常を来し、不純物の多い血液が作られる事にあります。この濾過できなかった血液から水分がもれ出し、内臓の摩擦を避けるための隙間である腹腔に水が溜まってしまうのです。

腹水は病気によって種類が異なります。細菌性腹膜炎や、癌が原因で血管外に流れ出る腹水は、炎症性腹水と呼ばれます。タンパク質の量が多く混濁し、凝固しやすいという特徴があります。腹水は非炎症性もあり、肝硬変やうっ血性心不全が原因で、タンパク質の濃度が低く、凝固しにくいという特徴を持ちます。病気の種類によって血管外にもれ出るタンパク質の量に差異があり、貯留の原因が異なっているのです。




スポンサーリンク



腹水貯留の治療方法や改善策は?

腹水貯留の治療方法は、食事での塩分制限をしながらベッドで安静にする事が基本となります。利尿剤による水分排泄を促しますが、薬で改善がない場合には、腹腔に直接針を刺し腹水を流出させます。この治療方法は、治療的穿刺と呼ばれます。

この時、呼吸や食事が困難ですので、アルミブンというタンパク質が外に流れ、栄養不足になった血液に静脈からアルミブンを投与する必要があります。

また、リッター単位で腹水を流すと、必要な栄養まで外に出てしまいます。そこで外に出した腹水の栄養だけを濾過し、濃縮させて患者の体内に点滴を使って戻すという、腹水濾過濃縮再注入という治療方法もあります。

腹水貯留の改善には、安静にする事が一番です。安静にすると血流量が増え、血液中に投与した栄養素が全身を巡りやすくなるためです。また、塩分は腎臓の濾過機能に負担をかけますので、食事で制限する必要がありますね。

まとめ

腹水貯留は健全な血液が作られず、それが身体を回ってしまう事から引き起こされますので、全身の健康に影響が出ます。主原因の病気の弊害として正しく認識し、適切な治療を行う事が大切なのです。




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る