menu
閉じる
  1. 摂食障害の入院期間や費用 食事で体重は増えるのか!?
  2. 抗がん剤治療の副作用は皮膚、手足にしびれ、食事にも表れるってマジ!?
  3. 溶連菌感染症で咳がひどい!鼻水や咳が止まらないときの対処法は?
  4. インフルエンザの発熱期間 小児(幼児)と成人(大人)はどの位なの?
  5. 腹水貯留の症状や原因とは?治療方法や改善策を詳細解説!
  6. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  7. 胃腸炎で頭痛がひどいし、めまいも 治らない時の対処法を徹底解説!
  8. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  9. シェーグレン症候群 症状は皮膚や舌等に影響?関節の痛みも出るだと!
  10. 拒食症の体重基準や計算式を把握して改善を目指すぞ!
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い冬、朝起きてみると夏のような寝苦しさはなかったはずなのに、ひどい寝汗をかいていることってありませんか? 朝方ベッドから出ると、汗が冷えてすごく寒いと感じてしまうことがあります。実は、冬の寝汗は風邪や自律神経など、重大な病気が背景にある場合があります。今回は冬の寝汗の原因と、その対策についてご紹介しましょう。




スポンサーリンク



冬の寝汗は風邪などの病気が原因?

ではまず、冬の寝汗の原因についてお話ししましょう。まず第一に考えられるのは、眠る環境が適していない可能性です。

そもそも寝汗は体の余分な熱を放出するために出るものです。風邪で熱が出ている時には、いっぱい汗をかいた方がいいと言いますよね? それはこの汗の力で熱を下げようとすることなのです。ですから、不快な寝汗はまず過度に熱の放出しようとしている、あるいは汗が上手く熱を放出できていないと考えることができます。

実例としては、冬の寒さで寝具を増やしますよね? その増えた寝具が汗による熱の放出を妨げていると考えることができます。また、寝る時の室温が高すぎると、余分な汗をかいてしまうこともあります。冬でも少し低いくらいの室温が寝るのには適しているのです。

これらのことを直しても駄目なら、気づかないうちに風邪を引いていて、熱を発散しようとしているのかもしれません。また、風邪ではなく、体の中のもっと深刻な何かが原因とも考えられます。冬の寝汗は、そのメッセージの場合があるのです。




スポンサーリンク



冬の寝汗は自律神経も原因?

また、自律神経の異常も考えられます。自律神経は寝汗の調節を行う場所ですから、その活動に何かが起こっていると、寝汗の異常が出ます。

寝苦しいわけではない冬にかく寝汗は、重大な病気の兆候である場合があります。結核や甲状腺の異常などの病気でも、ひどい寝汗をかいたりするのです。

結核はひどい咳と併せて寝汗をかくというのが、症状の1つとしてあります。また、甲状腺の異常でもひどい寝汗が出たりします。甲状腺は代謝を高め、汗をかかせる場所ですから、その異常が冬の寝汗に繋がる場合があるのです。

総じて、この後紹介する寝汗の対策をとっても、特に改善が見られない場合、病気を疑ってみてもいいでしょう。

冬の寝汗の対策方法

では最後に、冬の寝汗の対策についてご紹介しましょう。自分でできるものとしては、眠る時の環境を、適したものにしていくことです。

まず、先に挙げた冬に増えた寝具の数や、室温などを見直してみましょう。あまり大量の寝具をかけると熱が発散されませんし、寝返りがうちにくくなって快眠には向きません。室温も、冬で寒いからといって温めすぎるのはいけません。眠るには少し低めの室温がいいとされていますから、1、2度下げてみてもいいでしょう。

それに加えて、寝る前のストレッチやアロマの使用、静かな音楽を流しているなど、寝る際にリラックスできる環境作りに取り組んでみてください。上に書いた自律神経の異常ですが、実はストレスなどの心の負担で、自律神経が弱るのです。ストレスそのものの除去が難しい時は、生活リズムや環境を整え、リラックスできる空間を作ることが、質のよい睡眠を得るよい対策になるでしょう。

なお、重大な病気であった場合は、実際に病院にかからなければいけないので、これらの対策をとって改善が見られないかどうかを、1つの指標にしてみてくださいね。




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る