menu
閉じる
  1. ノロウイルスで熱が下がらない時の対処法は薬?死滅には熱湯消毒が効果的!…
  2. ノロウイルスの検査方法は検便?種類や違いを徹底解説!
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎の検査方法は?項目別に詳細解説!
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

インフルエンザB型の症状 2017年の特徴と予防対策はどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い時期に流行るインフルエンザ。それにはA型B型C型といった、様々な型がありますね。そして1つの型の中でも更なる分類があり、そして型によって症状などに特徴があります。ですから、それに対する予防や対策も、それぞれで違ってくるのです。今回は、2017年のインフルエンザB型について見ていきましょう。




スポンサーリンク



インフルエンザB型2017における症状の特徴は?

ではまず、インフルエンザB型2017における特徴を見ていきましょう。2017年にかかわらず、インフルエンザB型はA型に比べて症状は軽めで、そしてその症状はお腹にきます。

では詳しく見ていきましょう。インフルエンザB型は、その中に2種類のビクトリア型と山形型という型が更にあります。これらはどちらも、A型より比較的症状が軽く、重症化はなかなかないという特徴があります。

そして症状としては、A型のような突発的な高熱や関節痛などの激しいものではなく、微熱と腹痛などで長く続くのが特徴です。流行も、A型のように一気に広がるというより、じわじわと広まっていくところが特徴的ですね。

勿論、そこまで激しくないとはいえ、やはり症状はつらいものです。腹痛や吐き気を伴う下痢など、消化器系が不調になっていきます。特にそういった症状に慣れておらず、また何度も吐いたりするような体力にも乏しい幼い子供にはつらいでしょうね。

なお、インフルエンザB型の潜伏期間は1,2日程度とされています。発症後はつらい症状が出ますが、体力の十分な大人であれば、2,3日で熱が下がるでしょう。治療が順調であれば症状も比較的軽度なまま、2週間もかからずに完治させることができます。




スポンサーリンク



インフルエンザB型2017の予防、対策は?

では、実際のインフルエンザB型2017の予防方法や、その対策についてみていきましょう。
予防方法は近くの菌を死滅させつつ、自身でも菌を入れず、そして抵抗できる身体をつくることです。では、実際の対策を、細かく見ていきましょう。

まず、近くの菌を死滅させることが、基本的な予防に繋がります。実際の対策としては、暖房や加湿器などを使って室内を高温多湿の状態にすることです。インフルエンザウイルスは低温で乾燥したところで繁殖しやすいので、適度な換気を行いつつ、部屋を暖かく、そして湿度のある状態にしておくことが対策としていいでしょう。

続いて体内に菌を入れないことです。一番わかりやすいのはマスクの着用と、手洗いうがいの徹底でしょう。インフルエンザウイルスは飛沫感染しますから、誰かの咳などからウイルスが入ってくるのを防ぐマスクは有用です。そして、外に蔓延するウイルスはどうしても手や喉に付着しますから、帰宅したときなどに必ずそれを洗い流すことも、予防のためには大切なのです。

最後に抵抗できる身体をつくることについてです。身体の免疫力を高め、ウイルスに打ち勝つ力をつけることが大切なのです。そのためには、日頃の生活習慣が大切です。十分な睡眠をとり、食事をバランス良くきちんと食べ、そして適度な運動をすること。よりよい生活リズムを整えていくことが、インフルエンザ予防のためにも重要ですよ。

【関連記事】

インフルエンザの湿度と室温の適正な関係 生存率を下げ死滅させるにはどうする?
インフルエンザ 微熱時に寒気と喉痛い時の対処法はコレだ!
ノロウイルスで熱が下がらない時の対処法は薬?死滅には熱湯消毒が効果的!
ノロウイルス 牡蠣による発症確率は?感染経路(感染源)に驚愕の事実が!
ウイルス性胃腸炎の感染予防はどうする?項目別に徹底究明!




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る