menu
閉じる
  1. 脊髄損傷のリハビリ方法は歩行?期間や注意点も解説!
  2. ノロウイルスの検査方法は検便?種類や違いを徹底解説!
  3. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  4. 乳がんで抗がん剤の副作用への対策を徹底解説!
  5. インフルエンザの発熱期間 小児(幼児)と成人(大人)はどの位なの?
  6. 骨肉腫 痛みの場所や特徴!膝、肩、腰、腕に多く発症?
  7. 脳腫瘍の頭痛の症状とは?特徴がヤバい!
  8. 急性胃腸炎 子供の潜伏期間(感染期間)は?保育園にいつから行っていいの…
  9. 胃もたれ解消法に手のツボが効く!寝る時寝方を変えるのも即効で対処できる…
  10. ウイルス性胃腸炎だと仕事は休むべき?仕事復帰してもいい状態の時も解説!…
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

インフルエンザ 微熱時に寒気と喉痛い時の対処法はコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザにかかり、「微熱で寒気がして喉が痛い」
そんな時があるでしょうから、対処法を知っておきたいですね。
今回はそのような症状にかかった場合でも対処できる、効果的な方法を詳細にご説明します。




スポンサーリンク



微熱時に寒気と喉の痛みはインフルエンザの前兆?


微熱であっても、寒気と喉の痛みはインフルエンザの前兆と言えます。

主に、全身に激しい痛みがあり、だるく、寒気や頭痛がひどいのが、インフルエンザの前兆です。そして急に39℃ほどの高熱が出ます。

しかし、型などによって症状が異なるので、たとえ37℃台の微熱であっても、前兆と言えるのです。その場合、体の芯から冷えるような寒気を感じると、インフルエンザの可能性は高くなります。喉の痛みを感じるのも特徴の一つです。

微熱だと、「普通の風邪ではないか」と思いがちです。事実、風邪のケースは多いです。

それでも、冬であり、流行している状況だと、不安になります。職場などで、自分が第一感染者になると責任を感じます。小さなお子さんや高齢者であれば、知らずに放置して、悪化すれば危険です。

そこで、インフルエンザと疑われる特徴的な症状を挙げます。

  • 体の中から、凍るような寒気や悪寒を感じる
  • 発熱と頭痛がある
  • せき、鼻水、くしゃみが出る

以上の症状は、どの型であっても現れます。

これに加えて特徴的なのは、「急激に体調が悪化していく」という点です。37~38℃の発熱があり、激しい悪寒、頭痛、喉の痛みを感じたら、インフルエンザの前兆を疑い、自宅での治療をやめて、病院へ行くことを考えておくとよいです。

インフルエンザの場合は、急激に症状がひどくなっていきます。また、自宅で風邪薬を飲むことで、悪化する恐れもあります。自然に治るケースはまれです。

悪化しやすい、子供や高齢者は特に注意が必要です。肺炎などの合併症が起きると危険です。病院へ行けば検査も可能なので、治療に必要な「抗インフルエンザ薬」を処方してもらいましょう。




スポンサーリンク



インフルエンザで寒気と喉が痛い時の対処法

インフルエンザで、寒気と喉の痛さがある時の対処法をお伝えします。

症状が出て、すぐに病院へ行っても、インフルエンザかどうかを確実に知るのは難しいです。なぜなら、発症から12~24時間をへて、検査結果の正確性が上がるからです。

検査は、患者の鼻か喉の奥に綿棒を入れて粘膜をとります。あとは、病院内にあるキットで調べてもらい、陽性か陰性かの結果は30分以内に分かります。必ず正しい結果が出るわけではないということは、理解しておいてください。

検査までの時間の必要性も考えて、自宅で過ごす時の対処法を挙げます。

  • 水分をこまめに補給する
  • 頭を冷やして体は温める
  • 部屋の湿度を上げる(40%以上)
  • マスクをつける
  • 市販薬(解熱剤や鎮痛剤)を飲まない
  • 安静にする

水分を補給すること、頭を保冷剤などで冷やすことは、発熱による脱水症状の予防や緩和に不可欠です。また、部屋の温度を上げたり、温かい飲み物を飲むなど、体を温めることで解熱にもつながり、寒気を和らげます。

湿度を上げたりマスクをすることで、乾燥を防ぎますので、ウイルスの抑制、喉の痛みやせきの緩和につながります。

市販薬の服用は、ウイルスと闘うための高熱をむやみに下げようとする行為で、体がウイルスと闘えなくなるので、避けたほうがよいのです。医師から処方される「抗インフルエンザ薬」の服用が、治療に必要なものです。

処方される薬は、発症してから48時間以内に服用すると効果が高いので、発症後、検査が有効になる24時間~48時間を目安に、病院へ行くとよいでしょう。

また、病院から帰ってからも、対処法を続けることが、快復に向けて効果的です。

【関連記事】

インフルエンザ 学級閉鎖の人数は何人から?基準は文部科学省が発表しているか検証!
インフルエンザの症状時の子供の検査内容 予防接種の効果は?
ノロウイルスで熱が下がらない時の対処法は薬?死滅には熱湯消毒が効果的!
ウイルス性胃腸炎の感染方法(経路)はキスで感染するのか?潜伏期間がいつまでかも解説!
ウイルス性胃腸炎だと仕事は休むべき?仕事復帰してもいい状態の時も解説!




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る