menu
閉じる
  1. 脳腫瘍の頭痛の症状とは?特徴がヤバい!
  2. 乳がん検診 エコーでのう胞が出たらヤバい状況なのか!?
  3. 貧血で点滴の効果やかかる時間は?妊娠中の貧血改善方法も伝授!
  4. 溶連菌感染症で尿検査はいつから?キットにて陰性や蛋白等結果後の対処法も…
  5. インフルエンザの症状時の子供の検査内容 予防接種の効果は?
  6. インフルエンザ 吸入1回でOKの薬の解熱効果と副作用を解説!
  7. 胃癌末期の痛みは手術や抗がん剤で克服できるのか!?
  8. 乳癌ステージ4の症状とは?骨転移だと10年生存率がヤバい!
  9. 骨肉腫 痛みの場所や特徴!膝、肩、腰、腕に多く発症?
  10. 乳腺のう胞症とは?症状や痛みの原因を解説!
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供から大人まで熱や関節痛に苦しめられるインフルエンザ。おおよそ、冬の時期に流行しますが、その時期が早いか遅いか、いつまで感染の恐れがあるのかは、その年によってだいぶ違いますよね?今回は、2016年から2017年にかけてのインフルエンザについて、その流行の時期やいつまで流行が続くかについてご紹介しましょう。




スポンサーリンク



インフルエンザの2016~2017の流行の時期は早いの?

まず、2016年から2017年にかけてのインフルエンザ流行時期について解説します。その時期は、例年に比べて非常に早いと予想されています。具体的には、もう11月頃から感染が起き始めているのです。

実は2015年から2016年では、逆にインフルエンザの流行は例年よりも遅かったのです。そこでその反動もあって、2016年から2017年の流行が少し早いのではと言われています。

通常では12月頃から流行し始めるものですが、2016年では11月頃に日本各地で発症者がみられています。特に沖縄県では多くの感染者が発見されています。そして、AH3型(A香港型)という型が流行っているようです。これは過去に子供、学生達に流行ったインフルエンザの型ですので、2016年から2017年にかけても、同じように10代の学生達の間で流行するのではないかと予想されています。予防措置や予防接種などを、家族と共に心がけるといいでしょう。




スポンサーリンク



インフルエンザ2016~2017はいつまで感染の恐れがある?

通常では、インフルエンザの流行期間の終わり、感染の恐れがなくなる時期は、3月頃とされています。しかし、2016年は流行の時期が早いだろうという予想から、2017年の収束も前倒しになるのではという予想がなされています。

しかし、一概にいつ流行が収束すると断定することはまだできません。いつまで流行が続くかの目安の1つに、気温があります。2015年から2016年にかけてはラニーニャ現象による暖冬もあり、インフルエンザの流行は細々と長く続いていました。気温が10度よりも高い状態が続くようになれば、インフルエンザは治まっていきます。

テレビなど様々なメディアによるインフルエンザ流行予想をチェックしつつ、自身でも気温などインフルエンザが流行りそうな状態にあるかを考えていくといいでしょう。

インフルエンザの早い予防が効果的!

2016年から2017年はインフルエンザの流行時期が早いと言うこともあって、予防するなら早め早めの対策が必要ですね。そして、それと並行しての日頃からの予防法を実践すべきです。

流行が11月頃と早いこともありますから、予防接種は10月頃でも早すぎないです。摂取は2回行わないと、あまり十分な効果は得られませんので、予防の効果を満足に得たいなら、早めに行っておく方がよろしいでしょう。

日頃からの予防として、本当に小さなことでも実行していくのは大切です。手洗いうがいの徹底や、外出時のマスク着用なども必要ですね。インフルエンザは飛沫感染しますから、菌を持っている人が気づかず周りに広げてしまうことも多いです。

インフルエンザは子供から大人まで、発症すると非常に苦しいものですから、流行の時期をしっかりと判断して、予防をおこなっていけるといいですね。

【関連記事】

インフルエンザ 微熱時に寒気と喉痛い時の対処法はコレだ!
インフルエンザ 学級閉鎖の人数は何人から?基準は文部科学省が発表しているか検証!
ノロウイルスで熱が下がらない時の対処法は薬?死滅には熱湯消毒が効果的!
ノロウイルス 牡蠣による発症確率は?感染経路(感染源)に驚愕の事実が!
ウイルス性胃腸炎だと仕事は休むべき?仕事復帰してもいい状態の時も解説!
インフルエンザの症状時の子供の検査内容 予防接種の効果は?




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る