menu
閉じる
  1. ウイルス性胃腸炎の感染方法(経路)はキスで感染するのか?潜伏期間がいつ…
  2. 首こりとしこりの違いは?頭痛時の解消法も伝授!
  3. 乳癌の症状で痛みがチクチクしたりかゆみが!末期の前兆?
  4. 胃がん初期の手術費用や相場は?内視鏡の治療費に驚愕!
  5. インフルエンザ2017 型の傾向予想 予防方法はどうすればいい?
  6. インフルエンザの発熱期間 小児(幼児)と成人(大人)はどの位なの?
  7. 脳腫瘍 再発の症状とは?良性とグレード4の生存率や余命の差に驚愕!
  8. インフルエンザの症状時の子供の検査内容 予防接種の効果は?
  9. 突発性難聴 耳鳴りの響く音は治るor治らない?
  10. ノロウイルスの検査方法は検便?種類や違いを徹底解説!
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

インフルエンザの湿度と室温の適正な関係 生存率を下げ死滅させるにはどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒くなってくるとインフルエンザが流行りだしてきますね。一人が感染すると飛沫感染など、どんどん広がっていきます。同じ部屋、家に過ごす人がいるならなおさらのことですよね?今回は部屋の適正な湿度や室温関係、インフルエンザウイルスの生存率を理解して、死滅させていく方法をみていきましょう。




スポンサーリンク



インフルエンザ予防のための湿度と室温の適正な関係

でははじめに、インフルエンザに対しての湿度と室温の関係についてみてみましょう。インフルエンザウイルスの繁殖、死滅は、湿度や室温による部分が大きいですから、正しく知っておきたいですね。端的に言ってしまえば、インフルエンザウイルスは高温多湿に弱いのです。

こんな実験があります。室温が21度から24度の部屋で、湿度を20%に保った時、6時間後のインフルエンザウイルス生存率は60%程度でした。そして、同じ室温のまま、湿度を50%にしてみると、同じく6時間後にはその生存率が3~5%ほどまで減るのです。

そして、同様の湿度を変える実験が、室温7~8度の部屋でも行われました。これにおいて、ウイルスの生存率は湿度が低い時には63%と先ほどとあまり変わりませんが、湿度を上げてみると35~42%と先の実験よりも生存率が高い数値となりました。

ちなみに、室温32度、湿度50%を6時間保った部屋では、インフルエンザウイルスの生存率は0だったそうです。

このように、インフルエンザウイルスと湿度、室温は非常に深い関係があります。高温多湿に弱いウイルスですから、どうりで夏には流行しないわけですね。




スポンサーリンク



インフルエンザウイルスの生存率を下げ、死滅させるためには?

さて、では実際にインフルエンザウイルスの生存率を下げ、死滅させるための適正方法もみていきましょう。前述のように、インフルエンザウイルスは湿度や室温に大きな影響を受けますから、それらを整えていくことがまず第一でしょう。

ですが、インフルエンザウイルスは他のものに比べて、比較的乾燥には強いです。上に紹介した実験でも、十分な湿度を保っても死滅が完全でないところからも窺えるでしょう。ただでさえしぶといウイルスだからこそ、しっかり適切な対処をしておくことがなおさら求められますね。

その上で、日々の室温は40%程度にしておくのがいいでしょう。乾燥はインフルエンザウイルスの繁殖のみならず、免疫を下げ、普通の風邪などにかかりやすくもなってしまいます。加湿器の使用や、それがなければ濡れタオルを室内にかけておいたりするのも有効です。ぜひ実践してみてください。

続いて、室温についてもみていきましょう。湿度だけでは十分に予防できるとは言えませんからね。関係の深い室温の適正な調節を覚えておきましょう。暖房の費用なども考えると、20度前後に保つのがいいでしょう。

先の湿度にも少し関わることですが、冬は冬だからこそ換気が大切です。暖房を使い続けながらも締め切られた部屋は、身体によくないものがどんどん溜まっていきます。そこで、冬であっても2時間から3時間に1回程度の換気が求められます。いちいち高い室温に温め直すのはなかなか大変ですから、あまりに高すぎる室温を目指すのではなく、過ごしやすい程度に20度前後が良い辺りでしょう。

なお、この湿度と室温の調整だけで完全にインフルエンザを予防できるわけではありません。個々人の手洗いうがいなど、日常からできる予防法も並行して行っていきながら、健康に冬を過ごしていきましょうね。

【関連記事】

インフルエンザ 微熱時に寒気と喉痛い時の対処法はコレだ!
インフルエンザ 学級閉鎖の人数は何人から?基準は文部科学省が発表しているか検証!
ノロウイルスで熱が下がらない時の対処法は薬?死滅には熱湯消毒が効果的!
ノロウイルスの検査方法は検便?種類や違いを徹底解説!
ウイルス性胃腸炎の感染方法(経路)はキスで感染するのか?潜伏期間がいつまでかも解説!




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る