menu
閉じる
  1. ノロウイルスの検査方法は検便?種類や違いを徹底解説!
  2. ノロウイルスで熱が下がらない時の対処法は薬?死滅には熱湯消毒が効果的!…
閉じる
閉じる
  1. インフルエンザの倦怠感はいつまで続くの?特徴を詳しく解説!
  2. 鼻水と痰の違いとは?それぞれの特色をくわしく解説します!
  3. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  4. インフルエンザは悪寒が続くと発症している?一連の流れを徹底解明!
  5. 寝起きに痰が出るのはなぜ?その理由をくわしく解説します!
  6. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  7. 急性胃腸炎の検査方法は?項目別に詳細解説!
  8. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  9. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  10. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
閉じる

健やかライフ

インフルエンザの倦怠感はいつまで続くの?特徴を詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザは、毎年冬の時期に起こるインフルエンザウイルスによって引き起こされる感染症です。この病気の特徴として、普通の風邪よりも重い状態というとイメージがつきやすいかもしれません。

インフルエンザは、風邪でも見られる発熱だけにとどまらず、複数の症状が見られます。

その中でも、 重度の倦怠感が現れるのですが、一体いつまで続くのでしょうか?

私自身は、風邪での倦怠感に苛まれたことはありますが、インフルエンザの倦怠感はどれほど重く辛いものなのかが実感として湧いてきません。

しかし、私の親友がインフルエンザにかかったことがあり、その時の辛くて大変な話を聞きました。

その時は身動きも取れず、とても苦しいものだということを聞いて、とても気の毒に思ったのです。

そのため、インフルエンザによる倦怠感はいつまで続き、どれほど辛いものなのかを徹底的に調べてみようと思いました。

あなたにも、倦怠感がいつまで続くものなのかを、特徴を織り交ぜて分かりやすくお伝えします。




スポンサーリンク



インフルエンザでの倦怠感とはどんな状態?


インフルエンザは、先ほども少し触れましたが、大元をたどるとインフルエンザウイルスによって様々な要因が重なって引き起こされるのが発端となっています。

インフルエンザにかかるとどういった状態かというと、高熱となって、全身に激しい倦怠感が現れるのです。

また、自分が「倦怠感を引き起こしているのが、元をたどればインフルエンザかもしれない」、と疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。

インフルエンザの特有の症状として、38~40℃の急激な高熱から始まって、全身の倦怠感、悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛などです。そのため、高熱が出て、倦怠感とこれらの複数の症状が部分的にでも同時に現れているようであれば、インフルエンザからくる倦怠感の可能性が高いです。

また、インフルエンザの流行時期が毎年12月~4月頃なので、その時期に高熱、倦怠感と、上記で挙げた複数の症状のいずれかが現れているようであれば、インフルエンザが起因しているものと思われます。




スポンサーリンク



■インフルエンザを発症し、倦怠感に陥った体験者の実話

インフルエンザにかかった人の体験談によれば、倦怠感になるまでには兆候があるようです。

まず、インフルエンザウイルスに感染すると、体温が急激に上昇し、 38度を超える高熱が出始めたそうです。

その際に倦怠感や、悪寒が襲ってきて、インフルエンザかどうか判別できたそうです。

その時は、インフルエンザと気づいてすぐに病院に向かって事なきを得たそうです。そして、医師の診断の元、薬を処方されることで熱が下がり、倦怠感が緩和されていったのです

上記の体験者の話を伺って思ったことは、インフルエンザの特徴としてどんな症状が現れるのかを理解していなければ、そもそも自分がインフルエンザにかかっているのかどうかも気づくことはできません。

ですので、ざっくりとでもどういった症状が現れるのかを理解して、適切な処置を行いたいですね。

インフルエンザにかかると、初めに高熱を伴って、全身の倦怠感とともに関節痛や、頭痛、筋肉痛など複数の症状が現れるのであれば、インフルエンザの疑いがあります。

インフルエンザによる倦怠感がどんなものか実態が見えてきたと思いますが、この状態がいつまで続くのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

次章で、倦怠感が続く期間について詳しく言及していきます。




スポンサーリンク



倦怠感はいつまで続くの?


インフルエンザを発症しても、治りかけで高熱が下がっている状態でも倦怠感が続く場合があります。この場合は、まだ免疫力や体力が落ちている状態です。

しかし、睡眠、食事、水分補給を定期的にしっかりと摂れば、熱が下がった状態から3日から1週間の間には解消していきます

倦怠感が治る時期は、人によって個人差があるのでバラバラですが、 早くて3日で解消されるということですね。

インフルエンザで高熱になった時に、いかに適切な対処を行うかによって、倦怠感が早く治るか長引くかが決まると言っても過言ではないでしょう。

しかし、風邪などの二次感染を起こしたことで、場合によっては倦怠感が引き続き長引く恐れがあるので、注意が必要です。

ですが、睡眠、食事、水分補給をしっかりと行えば、体の免疫力が回復し、自然治癒力が高まるので、そこまで心配する必要はありません。

しかしながら、自分でできる対処法を行っても数日経っても解消されず、もどかしい気持ちになることもあると思います。

そのため、 病状の具合から自分では対処しきれない可能性もあります。専門の医療機関に電話で問い合わせて、再度診察に出向くということも視野に入れた方が良いでしょう。

そもそも、インフルエンザでなぜ倦怠感が出るのか疑問に思いませんか?一見つながりがなさそうに見えるのですが、複雑な要因が絡み合って倦怠感を生じさせていたのです。

次章で倦怠感が現れる原因について、詳しく見ていきましょう。




スポンサーリンク



インフルエンザで倦怠感が生じる原因


なぜ、倦怠感の症状が現れるのかというと、

  • 高熱を発症することで心が不安定な状態となることで、大きなエネルギーを消耗し、体力が落ちているため
  • 高熱により、脳内物質が臓器の細胞へ微量に分泌することで筋肉が酷使されるため
  • 解熱時に大量の汗をかくことによる体力の消耗が激しいことが起因
  • 食欲不振により、満足な栄養が取れず、体力の消耗が激しいことが起因
  • 抗インフルエンザ薬の服用による副作用

などが原因として挙げられます。

その他にも、体験者のかかりつけの医者に聞いた話によると、高熱が治ったり、治りかけの時期にもウイルスと闘うために体力を消耗したこと。また、寝たきりになっているので、あまり使わなかった筋肉が弱っていることによって倦怠感が引き起こされるそうです。

あなたが、現在もしインフルエンザによる倦怠感が生じているのなら、なんとか早く治したいと思うのではありませんか?

そこで、上記でも少し触れた倦怠感の治し方として、睡眠、食事、水分補給をするというのは、具体的にどういった方法でやっていけばいいのでしょうか?

次章で、これらについて深く言及していきます。




スポンサーリンク



倦怠感の治し方はどうすればいい?


下記で記した治し方は、倦怠感を含めたインフルエンザの症状を根本的に治すのに有効な方法なので、是非とも取り入れてみてください。

倦怠感の治し方がどういったものかというと、

  1. 睡眠をしっかり摂る
  2. 栄養補給
  3. 水分補給

となります。

全て自分でできる方法なので、取り入れやすいですね。誰にでもすぐにできるからといって、これらの方法を侮ってはいけませんよ!

それでは、各項目一つ一つ詳しく見ていきましょう。




スポンサーリンク



1.睡眠をしっかり摂る

インフルエンザで倦怠感に陥った時の治し方は、体を休め、しっかりと睡眠を摂ることが大事になります

睡眠を摂ることによって副腎皮質ホルモンという物質が分泌され、免疫力が活性化されます。

免疫力を高めることによって、インフルエンザとの闘いで、体力が落ちた体を回復させる働きがあります

2.栄養補給

倦怠感を治すには、一日三食のバランスの良い食事を心がけることが大切です。どんな食べ物を食べたら良いのかというと、栄養士曰く、野菜や、お腹に負担のかからない脂分の少ない魚や鶏肉を摂ると良いとのことです。

その他にも、

  • おかゆ
  • 雑炊
  • 煮込みうどん
  • 果物
  • ゼリー

などが胃に負担をかけず、消化しやすいので、栄養補給がしやすいです。

ただし、食欲がない場合は、無理して食べないようにしてください。なぜかというと、胃腸が消化不良を起こし、嘔吐を起こす危険性があるからです。

上記で挙げた食事は簡単に調理できるので、家族にも頼みやすいですね。しかし、もしあなたが一人暮らしをしていた場合、倦怠感があると料理をするのも億劫になってくるでしょう。ですので、さっと食べれる冷凍食品などを常備しておくと良いかもしれません。




スポンサーリンク



3.水分補給

インフルエンザの高熱を大量の汗を出し、解熱するエネルギーによって体力を消耗し、倦怠感を招きます。そのため、こまめに水分を補給することによって、脱水症状や意識障害を未然に防げます。

おすすめは、経口補水液や、スポーツドリンクです。これらには、電解質やナトリウムの成分が含まれているため、体内に素早く水分を吸収することができます。

また、緑茶にも殺菌作用があるカテキンが豊富に含まれているので、ウイルスを殺す手助けをしてくれたり、脱水症状を防ぐのにも良いです。

しかし、必ずしも上記で挙げた飲み物を飲まなければならないというわけではなく、水であっても水分補給をしっかりとできます。ですので、突発的にインフルエンザにかかり、高熱が出て倦怠感に見舞われたら、こまめに水分補給をするようにしましょう。

※インフルエンザで高熱になった時の対処法をこちらの記事で詳しく解説しています

インフルエンザで高熱時の対処法とは?この5つを抑えれば完璧!

まとめ

今回は、インフルエンザにかかったことによって見られる倦怠感がいつまで続くのかを詳しくお伝えしました。

今までお伝えしたことを簡単に振り返りますと、

睡眠、食事、水分補給を定期的にしっかりと摂れば、熱が下がった状態から3日から1週間の間には解消していくということでしたね。

また、倦怠感が治る時期には個人差があり、必ずしも決まった日数というものはないので、上記の日数の間を目安にしてください。

そして、インフルエンザ発症時に、複数の要因が絡み合って起きることが理解できたかと思います。

一番の大元はインフルエンザウイルスに感染することよって、高熱となることが原因です。それにより、身体がインフルエンザウイルスと闘うため、体力が大幅に消耗されることで、倦怠感が生じるのです。

ですので、間接的なものが発端となって、倦怠感が出るということですね。

倦怠感を生じさせる発端となっているインフルエンザを根本的に食い止めるためには、繰り返しにはなりますが、

  1. 睡眠をしっかり摂る
  2. 栄養補給
  3. 水分補給

が大事になってくるとお伝えしました。

私も、万が一インフルエンザで高熱となり、倦怠感に見舞われた場合は、上記の対処法を取り入れていこうと思います。

最後に、インフルエンザの倦怠感とは一体どういった状態を指すのか、雑学としても理解していただけたかと思います。なった場合のその先に必ず直面するであろう治し方を参考にしていただき、万が一あなたがなった時の困難を、この記事を参考に乗り越えて頂ければと願っています。

【関連記事】

インフルエンザの発熱期間は1日とは限らない!なった時はどうする?
インフルエンザで高熱時の対処法とは?この5つを抑えれば完璧!
インフルエンザと湿度の関係とは?特性を知って感染に備えよう!




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る