menu
閉じる
  1. 拒食症の入院期間は?摂取カロリーも解説!
  2. 乳癌の症状で痛みがチクチクしたりかゆみが!末期の前兆?
  3. 貧血で点滴の効果やかかる時間は?妊娠中の貧血改善方法も伝授!
  4. ウイルス性胃腸炎の感染方法(経路)はキスで感染するのか?潜伏期間がいつ…
  5. ノロウイルス 牡蠣による発症確率は?感染経路(感染源)に驚愕の事実が!…
  6. 肺がん 抗がん剤治療での余命と生存率 効果や副作用が心配!
  7. 脳腫瘍の頭痛の症状とは?特徴がヤバい!
  8. 胃腸炎で頭痛がひどいし、めまいも 治らない時の対処法を徹底解説!
  9. 胃癌 手術の入院期間や費用は?出血量やドレーンの看護の実態をご紹介!
  10. 放射線治療の効果の持続期間や効果が出るまでの時期はいつ頃から?判定基準…
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ことあるごとに手や足など体の各所にかゆみが出て、また時には出血までしてしまうつらい乾燥肌。できることなら改善したいですよね。乾燥肌は体質だから仕方ないと、あきらめないでくださいね。できることはたくさんあります。今回はその乾燥肌の治し方や、その原因、対処法についてご紹介いたしましょう。




スポンサーリンク



乾燥肌の治し方

ではまず、乾燥肌の治し方についてです。先に述べてしまえば、主にスキンケアの見直し、湿度と食事への注意と言えるでしょう。

それではそれぞれ見ていきましょう。まず、スキンケアの見直しです。これは顔や手、足全てにおけるスキンケアの見直しのことです。スキンケアには人によって合う、合わないというものが存在します。使い続けてどうも乾燥肌が治らないなら、それは合っていないと考えた方がいいかもしれません。別のスキンケア用品を試してみるといいでしょう。最近では試供品もたくさんありますから、お試しください。

また、手足を抜いて洗顔に限って言えば、日に何度も行わずに、朝起きた時だけにする、温度を少し下げてみる、というのも対策としていいでしょう。何度も洗顔すると、逆に肌を守るものさえ流されて肌が乾燥するので、適度な洗顔にしていきましょうね。

続いて、湿度への注意です。これは主に、冷暖房の使いすぎに注意することと、洗濯物がない時に、濡れ布巾を室内の物干しの位置にかけることで湿度を保つ、といったものが具体的な対策です。冷暖房は空気の乾燥を招きます。手や足がどうもかゆいと思ったら、それは冷暖房のせいかもしれません。湿度を気にして、濡れ布巾をかけるなど湿度を保ってくださいね。

最後は食事についての注意です。ダイエットなどもあるかと思いますが、バランスのよい食事はやはりとても重要です。野菜でビタミンをきちんと摂りつつ、脂質、つまり肉や魚もきちんと摂ってください。脂質を摂らないと皮脂が十分でなくなり、乾燥肌を助長させます。バランスのよい食事を心がけてくださいね。




スポンサーリンク



乾燥肌の原因

では、乾燥肌の原因についてもご紹介いたしましょう。上述の治し方とも呼応しますが、主に体質、合っていないスキンケア、冷暖房、そして食生活が挙げられるでしょう。

では原因を1つずつ見ていきます。まずは体質です。これはアトピーなど、体質としてどうしても体に湿疹が出る場合です。これには、正直対処法と言える民間療法がありません。病院でもらう塗り薬などを使いながら、上述の治し方を実践して、これ以上の症状進行を抑えることが必要でしょう。

続いての原因は、合っていないスキンケアについてです。洗顔料やボディクリームなど、まず肌に合っていないという場合があります。また、化粧水や乳液の使いすぎや、顔の洗いすぎということも考えられます。あまり手をかけすぎると、逆に肌の調子が崩れることがあると、理解しておいてください。

次に、冷暖房についてです。上でも少し述べましたが、冷暖房は部屋の温度を変える代わりに、湿度を下げてしまいます。手や足は敏感に反応してきますから、その反応に注意しておくのが必要でしょう。

最後に、食生活についてです。必要なのは脂質と、野菜によるビタミンです。脂質を摂らないと、皮脂の分泌が上手くいかず、乾燥肌を助長させることになります。そして、ビタミンが少ないのもまた肌に悪影響です。まんべんなく栄養を摂ることが、肌にもいい効果を与えます。




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る