menu
閉じる
  1. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  2. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  3. インフルエンザ 学級閉鎖の人数は何人から?基準は文部科学省が発表してい…
  4. 拒食症の入院期間は?摂取カロリーも解説!
  5. 急性胃腸炎 子供の潜伏期間(感染期間)は?保育園にいつから行っていいの…
  6. 乳癌ステージ3a、3b、3cの生存率や余命は?治療法を徹底解説!
  7. ノロウイルス 牡蠣による発症確率は?感染経路(感染源)に驚愕の事実が!…
  8. 抗がん剤での味覚障害の対処は亜鉛摂取?原因除去には食事にも気をつけよう…
  9. 家族のインフルエンザ予防はタミフル?共用洗濯だとうつるのかも解説
  10. 乳癌ステージ4の生存率や余命 治療(手術)で完治するのか!?
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然の腹痛と共に、下痢や嘔吐などの症状を引き起こす急性胃腸炎。お酒や食事など生活習慣が原因であることが多く、急激に症状が出ることもあって、自分でできる療法は数多く紹介されています。しかし、やはり病院できちんと診断してもらうに越したことはありません。今回は病院での急性胃腸炎の検査方法、その項目や時間についてご紹介します。




スポンサーリンク



急性胃腸炎の病院での検査方法

ではまず、急性胃腸炎の病院での検査方法について解説します。主に挙げられるものとしては、触診、内視鏡検査、透視造影、血液検査が挙げられます。勿論、全てを行うことは希で、まずは問診と触診、そして患者に適した検査を選択して行っていくのです。

それでは1つずつ見ていきましょう。1つ目の触診は、問診と合わせて胃腸炎の状態を見ていきます。内部などを詳しく見ることはできませんから、比較的軽度な人や詳細の検査を行う前の人などに行われます。

続いて内視鏡検査です。口か鼻から内視鏡のスコープを胃まで通し、その内部をモニターで確認するという検査方法です。実際に内臓の状態を眼で確認できますから、炎症の他にも腫瘍やポリープなどの有無の確認も行えます。粘膜の一部を採取することで、成分の検査も可能ですから、より正確な診断をするのに適した検査と言えるでしょう。

次に透視造影、いわゆるX線検査という方法ですね。これは造影剤であるバリウムを飲んで放射線による透視で身体の内部の状態を診ていく検査です。放射線と聞くと怖く感じるかもしれませんが、最近では放射線量も少なく、バリウムも飲みやすくなってきています。今までよりも、ずっと手軽、気軽に受けることができるのです。

最後は血液検査についてです。これは身体にとって特に有害であったり、周りへの強い感染力を持っているような特殊な菌を持っていないかを確かめる検査です。他にも尿検査や便検査などが、同じ意味を持った検査方法ですね。急性胃腸炎は確かに大体が日常的な個人の事情が原因です。しかし場合によっては非常に深刻な場合や、周りを巻き込んでしまう場合がありますから、今までの胃腸炎とどうも違う、おかしいと感じたら、医師に相談して詳しい検査を受けてみましょう。




スポンサーリンク



急性胃腸炎を検査する時の項目、所要時間

次に、検査の時の項目、かかる時間についてです。項目としては主に3つ挙げましょう。胃腸炎による痛みの程度、その炎症の状態、そして特殊な菌(ヘリコバクターピロリ菌など)ではないか、という3点です。検査もこの項目のうち特に知りたいことが分かるものを行っていきますが、検査自体はどれも短時間で、終日拘束されるということはありません。

では詳しく見ていきましょう。まずは痛みの程度、これは最初の問診や触診で判断されることが多く、精密な検査で分かるものではありません。

続いて炎症の状態です。これは内視鏡検査や、透視造影で検査していきます。実際の状態を目で診たり、形がどうなっているか診ることで、炎症の状態を確認するのです。こちらの所要時間は数十分ほどで、検査してすぐに結果を聞くことができます。

対して、最後の特殊な菌の有無を診る血液検査などは、検査の時間はそうでもないのですが、結果が分かるまでに2~7日ほどかかってしまいます。しかし、必要な検査ではありますから、必要と言われたら我慢して受けるようにしましょうね。

【関連記事】

胃腸炎で頭痛がひどいし、めまいも 治らない時の対処法を徹底解説!
胃腸炎の下痢は緑色?血便が出たら相当ヤバい!
急性ウイルス性胃腸炎は移る症状?感染原因は食事からのノロウイルスか!
ウイルス性胃腸炎の感染方法(経路)はキスで感染するのか?潜伏期間がいつまでかも解説!
ウイルス性胃腸炎だと仕事は休むべき?仕事復帰してもいい状態の時も解説!




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る