menu
閉じる
  1. 肺がん初期の再発率 転移時、治療法は手術で完治するのか!?
  2. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  3. 乳癌ステージ4の症状とは?骨転移だと10年生存率がヤバい!
  4. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
  5. 放射線治療の効果の持続期間や効果が出るまでの時期はいつ頃から?判定基準…
  6. 胃がん初期の手術費用や相場は?内視鏡の治療費に驚愕!
  7. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  8. 胃腸炎の症状の時、子供の食事に野菜スープやバナナがオススメだと!?
  9. インフルエンザ 抗生物質の併用で副作用出る?フロモックスやジスロマック…
  10. ノロウイルスで熱が下がらない時の対処法は薬?死滅には熱湯消毒が効果的!…
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

捻挫の後遺症 治し方は病院で手術かリハビリ? しびれや腫れの違和感が出るとヤバい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

捻挫の治療が適切に行われなかった場合、後遺症が残る可能性があります。治し方は、病院で手術かリハビリを行う方法が主流です。今回は、捻挫の後遺症とその治療方法について詳しく解説し、しびれや腫れの違和感が出た時についても焦点を当てて言及します。捻挫を甘く見ずに、適切な対処を心掛けましょう。




スポンサーリンク



捻挫の後遺症の治し方は、病院で手術やリハビリが必要?

最初に捻挫の後遺症の治し方についてお話します。後遺症には、関節の不安定性や痛みの症状があります。この後遺症を治療するには、手術やリハビリで関節周囲の強化を目指す事が必要です。

手術での治し方は、関節の不安定性を確実に取り除く治療方法です。手術には靱帯(じんたい)修復術や靱帯再建術があり、関節の状態を観察して手術方法を選択します。捻挫をして断裂した靱帯に細胞組織を移植する事で、縫合では治りにくい靱帯の痛みに対処します。

病院で手術を望まない場合には、リハビリを行います。リハビリでは、捻挫の後遺症である腫れと痛みで動かしにくくなった筋肉を回復させ、関節周囲の筋力を強化し、関節の安定性を高める事を目標とします。炎症や痛みを早い段階で取り除けるように、超音波治療を併用し、テーピングの指導も試みます。自分が早く治したいという希望を持ってリハビリの治療に取り組む事が大切ですね。自宅でも積極的に取り組めるように、適切なリハビリの方法を専門の医師からアドバイスを受ける事が重要です。




スポンサーリンク



捻挫の後遺症としてしびれや腫れの違和感が出たらヤバいの?

捻挫の後遺症としてしびれや腫れの違和感が出てしまったら、危険なのでしょうか?捻挫の後遺症としてしびれや腫れの違和感が出るのは、捻挫の治療時に適切な治療が行われなかった可能性があります。それには、患者が自ら病院に出向き、治療をしなかった場合が多いです。ただ、しびれや腫れの違和感が捻挫の治療後に残ったとしても、前述した手術やリハビリの方法で回復を目指せますので不要な心配をする必要はありません。

しびれの症状は、捻挫によって損傷した筋肉が正常な関節の位置を保てずに、不安定な関節が神経を圧迫する事で生じます。不安定な関節を長く治療しない事で、しびれの症状が
出てしまうのです。

また、腫れは損傷した関節が圧迫され、内出血を起こす事が原因です。この腫れによる内出血も神経を圧迫する原因となり、しびれの症状も強くなるのです。

捻挫の後遺症は、保存療法では治らず、手術やリハビリが必要になります。安静にする、冷却する、病院の診察等の治療でも腫れやしびれ等の症状が長く続いた場合は、再度診察を受けて適切な手術やリハビリの治療をし、回復を目指す事を心掛けましょう。また、後遺症は長期間で対応する必要がありますので、症状を身体の一部だと認識する事も大切です。

まとめ

捻挫の後遺症は、最初の捻挫で適切な処置が行われなかった時に残ってしまいます。後遺症が残らないように冷却したタオルを巻いたり、市販の湿布を貼ったりして早めに対応する事が大切です。捻挫を侮らず、早めに病院を受診しましょう。

どんな病気も後遺症が残るには理由があります。捻挫の場合は早期治療を怠ったのがその理由です。ただ、適切な治療を行い、その都度の原因を緩和する事で後遺症は引いていきます。後遺症を受け入れ、日常生活を送る事は、現代人に必要な事だと言えるでしょう。




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る