menu
閉じる
  1. 子供の花粉症はいつから?時期を知って用心しよう!
  2. インフルエンザ2017 型の傾向予想 予防方法はどうすればいい?
  3. インフルエンザの発熱期間 小児(幼児)と成人(大人)はどの位なの?
  4. インフルエンザの症状時の子供の検査内容 予防接種の効果は?
  5. ノロウイルスで熱が下がらない時の対処法は薬?死滅には熱湯消毒が効果的!…
  6. 乳がん検診 エコーでのう胞が出たらヤバい状況なのか!?
  7. 骨肉腫 痛みの場所や特徴!膝、肩、腰、腕に多く発症?
  8. 乳癌ステージ4の生存率や余命 治療(手術)で完治するのか!?
  9. 逆流性食道炎の症状で腹痛やだるいのはなぜ?
  10. 急性ウイルス性胃腸炎は移る症状?感染原因は食事からのノロウイルスか!
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

ノロウイルスの検査方法は検便?種類や違いを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノロウイルスの検査方法は、検便なのでしょうか?
そして、ノロウイルスの種類にはどんなものがあり、他のウイルスとどんな違いがあるのでしょう。
詳しく解説していきます。




スポンサーリンク



ノロウイルスの検査方法にある検便とは?

ノロウイルスの検査方法は、主に検便です。
検便といっても、ウイルスなので、通常のものとは異なります。

「ノロウイルス検査キット」というものを使います。

このキットの使い方は、通常の検便方法とほとんど同じです。
綿棒状のスティックに、便の表面を少しずつ削り取ります。
それを病院へ持って行くか、当日に病院で便を採取すると、早ければ20分程度で結果が分かります。

ただし、この検査方法は、結果の正確性が高いとは言えません。
気軽に検査でき、早く診断ができるメリットはあります。

ですから、採取した便を、検査機関に届け、精密な検査を受けるケースもあります。
平均で、3日ほどで結果が判明します。
すると、判明した時点で、症状が快方へ向かっている事も充分に考えられます。

それでも、症状が無くなった後も、一週間、長ければ一か月以上、患者の糞便にはウイルス粒子が含まれていて、周囲の人に感染させる力は失われません。
感染状況や衛生管理、予防促進を考慮に入れると、検便により、感染の有無を知る、証明することが必要な時もあるのです。

現実的には、感染しているという検査結果が出ても、ノロウイルスに対する特効薬やワクチンが無いこともあります。医師が患者の症状や状況など、問診のみで感染の有無を診断し、対症療法によって快方へ導く、体からウイルスを完全に排出させるというのが、主流ではあります。




スポンサーリンク



ノロウイルスの種類や違いを解説

人間が感染するノロウイルスには、31種類の遺伝子型があります。
そして、他のウイルスとの違いは、遺伝子型が多いために、人が持つ免疫では、充分な防御ができない点です。

ノロウイルスは、5つの遺伝子グループに分けられ、GⅠ~GⅤ群があります。
その中で、人間が感染する遺伝子群は、GⅠ群、GⅡ群、GⅣ群ですが、主にはGⅠ群とGⅡ群です。

  • GⅠ群には、GⅠ.1~GⅠ.9までの9種類
  • GⅡ群には、GⅡ.1~GⅡ.22までの22種類
  • 合わせて31種類の遺伝子型があることになります。

    2006年に大流行したノロウイルスは、GⅡ.4型でした。
    そして、その型が主流となっています。

    しかし、2015年に発生したのは、それまで流行していたGⅡ.4型ではなく、GⅡ.17型であり、それに対する免疫力は無く、流行の恐れがあるとされていました。

    また、GⅡ.17型が増加する一方、GⅡ.4型の感染事例は減少しており、GⅡ.4型が変異し、GⅡ.17型になったと考えられました。大流行になる事態は、2016年現在も、懸念され、警告が発されています。

    ノロウイルスは、種類が多いために、人間の免疫力では追いつかず、ある時期に突然、「新型」と呼ばれるが、もともと存在する型が増加し、その流行したことのない型がまん延する可能性が高いわけです。流行したことのない型への免疫力が人に無く、感染しやすいのです。

    このように、他のウイルスと比べて、ノロウイルスは非常に感染力が強いという違いがあります。

    そして、感染性胃腸炎を引き起こすウイルスの一つです。発症すると、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などがあります。比較的、誰でも感染する可能性があるものです。

    ノロウイルスを死滅させるには、熱湯消毒や特殊な消毒液が有効で、よく使うアルコールは効きません。

    対策

    ノロウイルスの大流行となれば、世は騒然とします。
    そんな時でも慌てないように、消毒や手洗いなどの予防法や、感染した場合の対処法、二次感染への対策をも感染者の多い冬場へ向けて、知っておくと良いでしょう。

    【関連記事】

    ノロウイルス 牡蠣による発症確率は?感染経路(感染源)に驚愕の事実が!
    急性ウイルス性胃腸炎は移る症状?感染原因は食事からのノロウイルスか!
    ウイルス性胃腸炎の感染方法(経路)はキスで感染するのか?潜伏期間がいつまでかも解説!
    ウイルス性胃腸炎だと仕事は休むべき?仕事復帰してもいい状態の時も解説!
    胃腸炎で頭痛がひどいし、めまいも 治らない時の対処法を徹底解説!
    胃腸炎の下痢は緑色?血便が出たら相当ヤバい!




    スポンサーリンク



    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る