menu
閉じる
  1. ノロウイルスで熱が下がらない時の対処法は薬?死滅には熱湯消毒が効果的!…
  2. ノロウイルスの検査方法は検便?種類や違いを徹底解説!
閉じる
閉じる
  1. 歯医者が素手で治療をするのに抵抗がある!対策はどうするのか?
  2. 寝起き時の鼻づまりの原因とは?根本から治すための解消法も詳しく
  3. インフルエンザの倦怠感はいつまで続くの?特徴を詳しく解説!
  4. 鼻水と痰の違いとは?それぞれの特色をくわしく解説します!
  5. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  6. インフルエンザで悪寒がある?段階別にどう対処するかを徹底解説!
  7. 寝起きに痰が出るのはなぜ?その理由をくわしく解説します!
  8. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  9. 急性胃腸炎の検査方法は?項目別に詳細解説!
  10. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
閉じる

健やかライフ

脳腫瘍 再発の症状とは?良性とグレード4の生存率や余命の差に驚愕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳腫瘍は命に関わる危険な病気です。そのため、再発の症状を見過ごしてしまうと、とても危険な状態に陥る危険性があります。今回は、良性の脳腫瘍と治療が困難なグレード4を比較し、それぞれの生存率や余命の差について解説します。脳腫瘍が悪化すると、取り返しの付かない事態になりかねませんので、病気の恐さを知っておく事が大切です。




スポンサーリンク



脳腫瘍 再発の症状

脳腫瘍の再発の症状は、脳のどの部分に腫瘍が出来たかによって異なります。症状は一概には言えません。一般的に頭痛ではなく、脳腫瘍の進行が進んでから現れる症状が再発時に出ます。

再発するという事は、脳腫瘍の細胞が一部残っている事を指します。どこの部分に残っているかによって、症状は痙攣、物がぼんやり見える、吐き気等の症状に分かれます。頭痛に加え、一度経験した事ですので、再発の症状はすぐに分かるはずです。身体に再発の傾向を感じたらすぐに脳神経外科を受診しましょう。

脳腫瘍の生存率や余命

脳腫瘍の生存率や余命は、5年生存率平均75%と比較的良好です。但し、一口に脳腫瘍と言っても良性・悪性は様々で、5年生存率は種類によって異なってきます。脳腫瘍の生存率や余命は、医師が経験に基づいて予測した統計で決められています。

良性と悪性の区別は、単純に良いか悪いかではなく、癌かそうでないかで区別されています。良性の場合完治が見込まれますが、悪性の場合命を落とす危険があり、脳腫瘍の生存率や余命には差が見られます。




スポンサーリンク



脳腫瘍の良性の生存率と余命

良性の神経鞘腫等の腫瘍は、5年生存率平均97%と極めて高く完治が見込まれます。良性の腫瘍の場合には、手術で患部を切除する事によって、5年生存率はほぼ100%に近くなります。ただ、良性の腫瘍の予後は悪性に変わる危険がありますので、油断せず経過観察が必要になります。

しかし、脳腫瘍の中で最も悪性度が高い膠芽腫(こうがしゅ)等は、5年生存率が6%と低く、命を失う危険が高い事が分かります。良性の生存率と余命とを比べると大分数値が低くなり、悪性の危険度がよく分かります。

脳腫瘍のグレード4の生存率と余命

脳腫瘍のグレード4は、成長速度が異常に速く、正常細胞と異なる細胞構造をしています。悪性度が高い脳腫瘍のステージですので、殆どの患者が1年以内に死亡しています。

しかし、グレード4も脳腫瘍の部分によって生存率が大きく異なり、同じグレード4でも膠芽腫等は5年生存率70%となり、比較的余命がある事が分かります。

まとめ

脳腫瘍の再発症状や、良性や悪性による生存率と余命の差について解説しました。脳腫瘍は、治療が脳の手術を伴う大変危険なものです。再発の症状を見逃さないようにする事が重要ですね。それには正しい理解をして、日頃から自分の身体に注意を払う事が必要です。

【関連記事】

脳腫瘍の頭痛で痛みの強さや痛み方の特徴がヤバい!




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る