menu
閉じる
  1. 抗がん剤での味覚障害の対処は亜鉛摂取?原因除去には食事にも気をつけよう…
  2. 子供の花粉症はいつから?時期を知って用心しよう!
  3. 乳がん検診 エコーでのう胞が出たらヤバい状況なのか!?
  4. 乳腺症での石灰化の原因は?痛みの特徴や治療が必要なのか解説!
  5. インフルエンザ2017 型の傾向予想 予防方法はどうすればいい?
  6. 腹水貯留の症状や原因とは?治療方法や改善策を詳細解説!
  7. 貧血で点滴の効果やかかる時間は?妊娠中の貧血改善方法も伝授!
  8. 胃癌が転移する場所(各部位)の名前は?余命が深刻!
  9. 乳癌ステージ3a、3b、3cの生存率や余命は?治療法を徹底解説!
  10. 乳癌の症状で痛みがチクチクしたりかゆみが!末期の前兆?
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空気が冷え込んでくると、その寒さから手足の先が血行不良になってしもやけが起こります。寒ければ痛み、温めればかゆい。今回は、そんなしもやけのかゆい理由や原因、そして、それを抑える対処法についてご紹介していきます。子供から大人まで、手足だけでなく頬や耳にまで起こるしもやけ。少しでも、そのかゆみを抑えていきたいですよね。




スポンサーリンク



しもやけがかゆい理由

はじめに、しもやけがかゆい理由を解説しましょう。かゆみは、しもやけになった部分を温めると起こります。これは、体が冷え切った結果、血行が阻害されて血管が収縮します。この時にはぴりぴりとした痛みが出ます。そして、その後温められてくると血管が拡張します。その際に周りの阻止を血管が圧迫してしまい、それが刺激となってかゆみと感じられてしまいます。これが、しもやけのかゆい理由です。

しもやけでかゆみの原因を抑える対処法はコレだ!

では、しもやけによるかゆみの原因を抑える対処法をご紹介します。心がけるべきは、血行を妨げないことです。これは、血流が悪くなることで、末端の血管が収縮、拡張してしまうのがしもやけのかゆみの原因であることによります。そして、血行を妨げないために実際に取り組むのは、手足などの先端を冷やさないことです。

まずは足。足は冷気がたまる地面に近いので、冷え切りやすいです。冷え込みは血行不良の原因になるので、注意が必要です。きつめの靴は避け、そして汗をかいてしまった靴下はすぐに替えましょう。冷える時期であっても、靴の中は意外と蒸れますから、足は汗をかいています。こまめな靴下交換を心がけてください。また、家の中でも靴下をはくと、冷えを抑えることができていいですよ。

続いて、手先の対処法です。手や指は、特に水仕事で冷え切って血行が悪くなります。洗濯や洗い物は、できるだけ温かい水で行いましょう。また、濡れた手はそのままにすると冷えていくので、水に触れる時間が終わったら、すぐによく拭き取ってください。

部位を限定せずにできる対処法としては、お風呂に入る時はできるだけ湯船につかるようにして、体の芯まで温まることなどが挙げられますね。また、生姜(ショウガ)の入ったものを摂取するなどして、とにかく体を温めるようにしてください。自分なりにできることもあるでしょうから、色々と挑戦してみてくださいね。




スポンサーリンク



しもやけでかゆみが出た時の対処法もご紹介!

最後に、実際にしもやけのかゆみがでてしまった時の対処法もご紹介しておきましょう。食べ物と、薬の選び方についてです。

食べ物としては、ビタミンEを摂取することで、かゆみを抑えることができます。ビタミンEは豆類、特にアーモンドや落花生、大豆に多く含まれています。また、意外と油類もしもやけにはいいので、不健康にならない程度、適度に油を含んだものを食べてみるのもいいでしょう。

薬としては、ステロイド系の塗り薬がしもやけのかゆみには効果的です。かきすぎると更に悪化したり、出血に至ることがあります。ステロイド系は少々強いくらいの薬ですが、猛烈なかゆみにはいいでしょう。一口にステロイド系と言っても、様々な強さがあるので、自分に合ったものを選んでみましょう。




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る