menu
閉じる
  1. ノロウイルスの検査方法は検便?種類や違いを徹底解説!
  2. ノロウイルスで熱が下がらない時の対処法は薬?死滅には熱湯消毒が効果的!…
閉じる
閉じる
  1. 鼻のムズムズが止まらない!原因をどこよりもくわしく解説!
  2. 鼻の粘膜を焼く手術ってどんなもの?2つの方法を徹底解説!
  3. 口呼吸は原因は何?対策法を実践して鼻呼吸で健康になろう!
  4. 夜トイレが近い原因はこれ!しっかり対策して安眠を取り戻そう
  5. 寝てる時によだれが出る原因は身近なところに…その対策も詳しく解説
  6. 歯医者が素手で治療をするのが嫌!その問題点と対処法を大特集
  7. 寝起き時の鼻づまりの原因とは?根本から治すための解消法も詳しく
  8. インフルエンザの倦怠感はいつまで続くの?特徴を詳しく解説!
  9. 鼻水と痰の違いとは?それぞれの特色をくわしく解説します!
  10. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
閉じる

健やかライフ

溶連菌感染症で咳がひどい!鼻水や咳が止まらないときの対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

溶連菌感染症で、咳がひどいのはなぜでしょう?どんな対処法があるのでしょうか?また、鼻水や咳が止まらない時は、どうすればよいのでしょう。今回は、そんな疑問や悩みにお答えします。




スポンサーリンク



溶連菌感染症で咳がひどい原因


溶連菌感染症で咳がひどい時、合併症、つまり「別の病気」を起こしている可能性があります。例えば、気管支炎、副鼻腔炎、中耳炎などです。主にむせるような咳が出ます。

そして、それらの合併症は、上気道で溶連菌が繁殖し、奥へ入り込むことで起きます。上気道は、鼻から喉の部分で、そこに溶連菌が感染し、喉の腫れや痛みといった扁桃炎や、咽頭炎の症状が出ます。

扁桃炎や咽頭炎、高熱は溶連菌感染症の主な症状ですが、鼻腔や喉の奥に菌が入り込むと、副鼻腔炎、気管支炎などを引き起こすのです。副鼻腔炎から喘息になることもあります。

咳がひどい時は、適切な治療をしなければ、悪化していき、治りづらくなります。ですから、風邪ではないかと思っても、喉の痛みや発熱、ひどい咳がある場合は、早く医師に診てもらわなければなりません。




スポンサーリンク



溶連菌感染症により鼻水や咳が止まらないときの対処法

溶連菌感染症で、鼻水や咳が止まらない場合の対処法として、耳鼻科、呼吸器科で診察を受けることがあります。

熱はないが咳や鼻水の症状だけがあり、ただの風邪に思い、治療が遅れる。除菌のための抗生物質の服用が終わっても、鼻水や咳が止まらない。こういった患者は、合併症がひどくなることを考える必要があります。

副鼻腔炎の場合、黄色くネバネバした鼻水が出ます。鼻づまりもひどいです。耳鼻科で薬を処方してもらい、鼻うがいを教えてもらう治療法があります。自分では、やさしく鼻をかむ注意が必要です。

気管支炎の場合も、専門の医師に診察を受けると安心です。そして、咳止めや吸入薬を処方してもらいます。自分では、乾燥を防ぐ加湿器を置いたり、白身魚や卵など良質のタンパク質の摂取でエネルギー補給をするといった対処法があります。

まず、喉の痛みや発熱、咳などの症状が出たら、病院へ行き、必要であれば検査をしてもらい、溶連菌感染症であれば、菌を除去するために10日間の抗生物質をしっかりと服用します。すると、2~3日で咳などの症状が落ち着いてきます。もし発疹などの副作用が現れ、危険と思われた時点で、服用中止になります。それは、菌の除去よりも、副作用のアレルギー症状のほうが問題とされた場合です。

ですが、溶連菌感染症の症状が原因となり、合併症が現れたら、悪化するのを防ぐために、
症状に合う治療を受け、自らも安静や対処法を心がけましょう。

子供がかかりやすい溶連菌感染症ですが、大人もかかります。通常は、一週間以内に快方へ向かいますが、周囲への感染を防ぐために接触をひかえ、マスクを付けましょう。そして、合併症が長引くことには、十分に気を付けてください。

【関連記事】

溶連菌感染症で尿検査はいつから?キットにて陰性や蛋白等結果後の対処法も解説!




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る