menu
閉じる
  1. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  2. 胃腸炎の下痢は緑色?血便が出たら相当ヤバい!
  3. 乳癌ステージ2bの生存率、余命、再発率は?治療の詳細を解説!
  4. ウイルス性胃腸炎だと仕事は休むべき?仕事復帰してもいい状態の時も解説!…
  5. 肺がんの再発での生存率と余命 抗がん剤治療で完治できるのか!?
  6. 花粉症を軽減する食べ物(食材)は何?食事方法を解説!
  7. 肺がん初期の再発率 転移時、治療法は手術で完治するのか!?
  8. アレルギー性鼻炎で子供の咳、痰が止まらない時の対処法は?
  9. 溶連菌感染症で尿検査はいつから?キットにて陰性や蛋白等結果後の対処法も…
  10. アレルギー性鼻炎の体質改善に良い食事方法!ヨーグルトや漢方薬もいいって…
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎時の病院の検査方法 項目や時間はどの位かかるの?
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

乳腺のう胞症とは?症状や痛みの原因を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胸を触ったときにしこりのようなものが触れたり、乳房に痛みを感じ、医療機関を受診したものの、乳がんではなく乳腺のう胞症と診断されることあります。この乳腺のう胞症とは、どのようなものなのでしょうか?今回は、その症状や、痛みの原因についてお伝えします。




スポンサーリンク



乳腺のう胞症とはどんな症状?

乳腺のう胞症とは、母乳をためる働きのある乳腺内に水分やリンパ液などの分泌物がたまってしこりになった状態です。良性のもので、乳がんに移行する可能性は低いですが、乳がんと症状が似ているため、気になる症状がある時には、婦人科を受診するようにしましょう。

乳腺のう胞症を発症した場合、自覚症状として、胸の一部、または全体にチクチクするかゆみや痛みが発生し、抑えると圧痛を感じます。触るとしこりや、でこぼこのようなかたいものがあり、触ると動くことが多いです。

また、乳頭から緑や茶色の分泌物がみられる場合もあります。分泌物が透明、血液が混じっている場合には、乳がんである可能性もあるため、すぐに医師に相談するようにしましょう。

乳腺のう胞症の痛みの原因は何?

乳腺のう胞症には、卵巣ホルモンが影響しています。卵巣ホルモンは生理周期に伴い変化しますが、ホルモンの分泌に反応して乳房の腫れや痛みが発生することが原因です。生理前に痛みやしこりの張りが強くなることが特徴的です。

自分でできる痛みへのセルフケア

乳腺のう胞症の痛みを軽減するために、胸をしっかりサポートするブラジャーを使うようにしましょう。ワイヤーなどで締め付けずに胸を全体的に包み込むことができ、マジックテープで着脱できる、医療用のものがオススメです。

胸を温める、もしくは冷やすことで痛みが緩和されます。ホットタオルを胸に当てる、または氷や保冷剤を布で包み、胸に当てるなどを試してみて、自分にあった方法を探してみましょう。

痛みが強い場合には、無理せずに鎮痛剤を使用する方法もあります。その際、使いすぎには注意し、適宜医師に相談しながら使用するようにしましょう。

また、カフェインや過度の脂肪分はホルモンの分泌に影響するため、コーヒーなどのカフェインの多いものや、脂肪分の多い食事などは摂り過ぎないように気をつけましょう。




スポンサーリンク



乳腺のう胞症を防ぐためにはどうすればいいの?

原因となる卵巣ホルモンのバランスが崩れることで、症状が出やすくなります。普段から規則正しい生活や、バランスのとれた食生活を心がけ、ストレスを溜め込まないようにすることで、ホルモンバランスを整えましょう。

年に一回は婦人科検診を受け、検査でより詳しく胸の状態を知っておくことも大切です。

検査は、超音波検査や生検(針を刺して組織を確認する)により、乳がんと識別できます。治療は、しこりに注射器を刺し、分泌物を抜き取る方法が一般的です。小さなものであれば自然消滅することもあるので、しばらく様子を見て治療が必要かを判断することが多いです。

女性にとって胸は大切な象徴であり、妊娠・出産・子育ての上で重要な機能を果たすものでもあります。そこに、乳腺のう胞症や乳がん、その他の病気が起こるのはとても不安でつらいものですよね。

早めにその兆候を見つけ、症状が強くなる前に対処するためにも、普段からセルフチェックを行い、気になる症状がある場合にはすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

【関連記事】

乳腺症での石灰化の原因は?痛みの特徴や治療が必要なのか解説!
乳がん検診 エコーでのう胞が出たらヤバい状況なのか!?
乳癌検診のマンモグラフィー検査の頻度は?20代、30代、40代の年齢別に詳細解説!
乳癌 ステージ1の再発率、転移、生存率はどの位で、治療はどうなる!?
乳癌ステージ2bの生存率、余命、再発率は?治療の詳細を解説!




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る