menu
閉じる
  1. ノロウイルスの検査方法は検便?種類や違いを徹底解説!
  2. ノロウイルスで熱が下がらない時の対処法は薬?死滅には熱湯消毒が効果的!…
閉じる
閉じる
  1. 双極性障害の症状の特徴とは?患者が真実を語る!
  2. 肺がんステージ4の余命 イレッサ(治療薬)で完治できるのか!?
  3. 急性胃腸炎の検査方法は?項目別に詳細解説!
  4. インフルエンザ2017は流行時期が早い?いつまで感染の恐れがあるのかご…
  5. 乾燥肌の治し方 手足や体が乾燥する原因と対処法は?
  6. 女性の冷え性の治し方 手足が冷え性時の改善方法は?
  7. 肺がんで放射線治療の期間や費用 完治できるのか!?
  8. 冬の寝汗は風邪や自律神経等の病気が原因?対策方法を解説!
  9. しもやけがかゆい理由は?かゆみの原因を抑える対処法を解説!
  10. 花粉症で皮膚がぶつぶつやかぶれ時の治し方はどうすればいい?
閉じる

健やかライフ

ウイルス性胃腸炎の感染予防はどうする?項目別に徹底究明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイルス性胃腸炎は、最初は食中毒と勘違いすることがありますが、意外と恐ろしい病気です。

ウイルスの感染経路は幅広く、どこで感染するか分かりません。なので、しっかりと感染予防をしていく必要があります。

何よりウイルス性胃腸炎にかかった場合は、どのような対策が必要なのでしょうか?そして、どのくらいの期間警戒が必要なのでしょうか?

ウイルス性胃腸炎の患者が増え始める、11月〜4月の期間は特に注意が必要になります。

今回は、感染予防の方法を見ていきたいと思います。




スポンサーリンク



ウイルス性胃腸炎の感染予防はコレ!


ウイルス性胃腸炎とは、一般的にノロウイルスやロタウイルスというウイルスによって、嘔吐・下痢を繰り返してしまう病気です。

子供から大人までかかり、赤ちゃんやお年寄りが感染すると、死に至るケースもあります。

身近にできる感染予防を把握し、普段から注意して過ごしていきましょう。

感染予防として、メジャーなのが下記の方法です。

  • 手洗い・うがい
  • 生の食品を食べない
  • 調理器具の除菌
  • 賞味期限・消費期限の確認
  • 腸内環境を整える

以上の5つが、ウイルス性胃腸炎の感染予防として行う項目です。次に、詳細を確認していきましょう。




スポンサーリンク



手洗い・うがいをする

小さい頃から、手洗い・うがいは大切だと習ってきましたよね。ウイルスを洗い流すことで、感染率を防ぐことができます。

トイレの後はもちろんですが、外出後、料理を作る前など、こまめな手洗いは大切です。うがいも外から帰宅した際は、簡単にでも行いましょう。

鼻うがいも予防に向いています。喉もですが、鼻も空気を吸い込む際に、鼻毛にウイルスが付着します。
鼻うがいは練習しないと難しいですが、私はすっきり感があるので鼻うがいが好きです。

生の食品を食べない

ウイルス性胃腸炎は、生の食品が原因で発症している人が多く、生牡蠣などの貝類から感染したというデータが多くあります。

この場合食中毒と勘違いされますが、厳密には異なります。

食中毒とは、感染ルートが異なるだけで、実際にかかった症状や、回復までの期間は同じものとなります。

生の食品に含まれるウイルスから感染しているので、食中毒とは異なるという訳です。

梅雨の時期や、ウイルスが活発になりやすい11月〜4月にかけては、生の食品には注意して下さい。できるならきちんと加熱処理を行って食べましょう。

特に、生牡蠣を食べる際は細心の注意を払いましょう。




スポンサーリンク



調理器具の除菌

料理の際に使う器具は、ウイルスが繁殖しやすいので、定期的な除菌が必要です。

生魚や生肉など、生の食材を使用する際はそれぞれ専用のまな板を用意し、包丁もその都度洗浄して使っていきましょう。

全て料理が終わった後は、漂白剤などを使用して除菌を行うことで、ウイルスの繁殖を防ぐことができます。食器を洗うスポンジも見落としがちですが、除菌の対象です。

漂白剤につけることが難しい場合は、熱湯に15分以上つけてウイルスを殺菌していきましょう。

毎日行うのは面倒かもしれませんが、小さいお子さんやお年寄りのいる家庭は、毎日行うことをオススメします。

賞味期限・消費期限の確認

あなたは、賞味期限と消費期限の違いってご存知ですか?意外と知らない人が多いんですよね。

賞味期限は、その食べ物が美味しく食べられる期間を言います。しかし消費期限は、その食べ物が食べられる期間を言います。

そのため、消費期限と書かれているものは、期限内に食べないとお腹を壊す可能性が出てきます。

また、ウイルスが繁殖しやすくなってきますので、それぞれ賞味期限や消費期限を確認し、特に消費期限という記載の場合は、早めに食べましょう。

腸内環境を整える

何事も、ウイルスに打ち勝つには腸内環境が大切です。しかし、腸内環境を整えるのは1日にしてならず。

普段から、ヨーグルトや発酵食品を食事に取り入れ、ウイルスに負けない腸内環境を手に入れていきましょう。




スポンサーリンク



感染経路はどこから?


ウイルス性胃腸炎は、感染力が強く次々に人にうつっていきます。
では、どのようにして人から人へ感染していくのでしょうか?感染経路を見てみましょう。

接触感染

感染経路の中では、一番注意してもいつの間にか感染してしまうカ所です。

感染者が触れたもの全てに、ウイルスが付着している場合があり、普段から接触することの多いドアノブや、タオルなどを通してウイルスがうつっていきます。

感染者とはタオルを別にしたり、洗濯も別々に行うことをオススメします。

経口感染

感染者の触れたものを口にすることで感染する経路です。

例えば、感染者が触った食器などを通してご飯を食べたりすると、口からウイルスが侵入してきます。

ウイルス性胃腸炎は、体内に入り込むと1・2日潜伏し、猛威を振るい始めます。そのため、感染の恐れがある場合は、手洗いや、熱消毒などしっかりと行う必要があります。




スポンサーリンク



ウイルス性胃腸炎の感染期間はいつまで続く?


感染(潜伏)期間は1・2日で、症状が大きく現れるのは2・3日です。
そこから体内のウイルスが完全になくなるまでには、長いと1ヶ月はかかってきます。

最近では、病院に行くと抗生物質を処方されますので、ウイルスが早く除去されます。それでも便などに潜伏している可能性があるので、1ヶ月ほどは油断せずに除菌などの意識をしていきましょう。

前述の生牡蠣についてのプチ情報


牡蠣は生食用と加熱用とありますが、牡蠣が養殖されている場所に関係があります。

人間の生活排水が流れ着いてくる近くの養殖場のものは、一般的には加熱用として販売されます。生活排水が流れ着く場所から、一定距離離れた養殖場のもの、または天然のものが生食用として販売されます。

元々、牡蠣自体がウイルスを持っているのではなく、ノロウイルス自体人が排出した汚物に含まれています。

それを牡蠣が食べることにより、牡蠣の中で蓄積され、繁殖したものを人が生で食べることによってノロウイルスにかかります。

生牡蠣を食べる際は、養殖場の場所をしっかりと把握した上で食べると、当たりにくくなります。

加熱する際には、半生にせず、85度以上で1分以上しっかりと火を通しましょう。

まとめ

いかがでしたか?ウイルス性胃腸炎は、症状が治まっても油断してはいけない病気です。普段から除菌などに気を配り、生活していくことで、感染のリスクを下げることができます。

あまり、ウイルスの恐怖に縛られるのもいけませんが、自分だけでなく周囲に迷惑をかけないためにも、予防の基本となる手洗いや、うがいは行っていくべきですね。

【関連記事】

ウイルス性胃腸炎のうつる原因とは?その根拠を徹底解説!
ウイルス性胃腸炎だと仕事は休むべき?仕事復帰してもいい状態の時も解説!
ノロウイルス 牡蠣による発症確率は?感染経路(感染源)に驚愕の事実が!
ノロウイルスの検査方法は検便?種類や違いを徹底解説!
胃腸炎で頭痛がひどいし、めまいも 治らない時の対処法を徹底解説!




スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ページ上部へ戻る